Vol.8 いす式階段昇降機の取り付け工事

ほとんどのお客様からお問い合わせいただくのは「工事にはどれくらい時間がかかるの?」ということ。その声にお応えして、一般的な工事の流れについてご紹介いたします。
取り付ける機種やレールの長さによって異なりますが、基本、工事は1日(朝~夕方)で終わります。

取り付け事例

機種:屋内曲線機 楽ちん号KF6 (1階~2階に取り付ける場合)

  1. 工事開始(お客様宅での注意事項を確認し、昇降機の搬入を行います。)
  2. 図面を見ながら架台を立てて、レールの仮置きをします。この時点では、レールはまだつながっていません。
  3. 位置が確認できましたら、レールをつなげていきます。
  4. アンカーを打って、架台をステップに固定します。(階段によって異なりますが、3段にひとつの間隔で、階段の踏み面に架台を固定します。)
  5. いすの駆動部(モーター部分)を取り付けます。あわせて電気配線なども行います。ここで、走行上問題がないか確認するための仮運転を行います。
  6. いす部を取り付けます。
  7. 階段にいすが当たらないか? 膝と壁が当たらないか?……などの確認をするための最終的な仮運転を行います。
  8. 最後、実際にお客様に乗っていただくなどしながら取扱いの説明を行い、工事完了・お引渡しとなります。

マイクロエレベーターでは、自社の社員による取り付け工事・メンテナンスを行います。
ご提案から取り付け工事・メンテナンスまで、一貫してマイクロエレベーターで行いますので、安心してお任せしていただければと思います。

お問い合わせ・資料請求

費用のこと、ご相談ください。 0120-198-055 平日9:00~18:00

ページの一番上へ