Vol.5 階段昇降機はこんなところで作っています
~大同工業株式会社~

いす式階段昇降機の「楽ちん号」や「エスコート」シリーズ、車いす用階段昇降機「エスカル」(JR東日本共同開発)シリーズを製造しているのは大同工業株式会社(本社・石川県)。
大同工業株式会社はバイク・自動車チェーンや産業機械などを手がけていることで世界的に有名ですが、日本国内で初めて階段昇降機を開発した企業でもあるのです。昭和63年にいす式階段昇降機を製造して以来、階段昇降機メーカーとしてトップを走り続けています。

マイクロエレベーターは代理店として、発売当初より大同工業株式会社製いす式階段昇降機の取扱をスタートしていますので、もう長いお付き合いです。

階段昇降機のレールはオーダーメイドですので、屋外でも屋内でも、直線でも曲線でもほとんどの階段に取り付け可能。「Step To The Dream もっともっと楽ちんに!」を合言葉に、ユニバーサル・バリアフリーの実現を目指した製品には、多くの利用者の方から喜びの声が届けられています。

「階段昇降機は本当に必要になった時に使用される方が多いのですが、将来を見据えた早めの導入をオススメしています。『階段の昇り降りが少ししんどくなってきたな……』というタイミングにぜひご検討ください。肉体的にも精神的にもご自身やご家族への負担を軽減でき、暮らしの中で感じる安心感が格段にアップしますよ」(大同工業株式会社・担当者より)

大同工業株式会社